猫の手も借りたいブログ

チャフフレアというウェブ制作会社やってます。最近は自宅の建設で頭がいっぱいです。

クラウドソーシングと副業の問題

少し前に話題になった「クラウドワークスで月収20万円以上は111人」という記事、色んなブログ等でも様々な意見が出ていますね。クラウドソーシングと副業という問題を考えてみました。

news.careerconnection.jp

自分が起業した時

f:id:fugufugufugu:20160303005513j:plain

僕も起業したての時は、仕事を繋いでいくためにクラウドソーシングでの仕事も考えましたが、結局「コンペ式である場合、確実な入金に繋げられない」という点で見送っていました。1人ではなく最初から3人でスタートしたと、いうのがありますが、作業に対する売上具合にリスクを感じたためです。

とはいえ利用者(発注者)としてはやはり優れたプラットフォームであり、例えばロゴ50,000円の依頼に対して玉石混淆ではあるものの100点近い案が上がってくるのは発注者としては大変に優れたサービスだと思います。

クラウドソーシングって問題?

あんまり問題とは思ってないのですが、こちらの本家の記事でも「一ヶ月で5〜10万円ほど」って書いてますね。

副業ってどのくらい稼げるの?【クラウドワークス】

今回の記事を見て「夢がない」と感じ、フリーランスで生きていく仕組みの柱にはなり得ないと感じた人も多いと思います。やはり「副業」「小遣い稼ぎ」「修行」「ポートフォリオのため」といった目的での利用が強くなるのではと思います。

クラウドソーシングは在宅でかつ時間の制約にとらわれない、一つの媒体としては今後もプラットフォームとして伸びていただき、ものすごい売上を叩き出すトップランナー達をたくさん排出できるような仕組みができるといいですね。

ステマや異常に安い金額での発注などはプラットフォーム側で排除していき、健全な費用感での運営になればと思います。

副業ってダメなの?

今回の件で思ったのは「副業」という位置づけであれば有効なサービスのクラウドソーシングという仕組み。副業はなぜ規定でNGにしている会社が多いのでしょうね。「副業にかまけて本業がおろそかになる」といったこともよく言われますが、就業時間以外の時間が収入増につながることに使えないなんて、不健全のように感じてしまいます。

個人が収入をアップする方法として「会社でのし上がって給与をアップする」だけでなく「複数の売上の場を持っている」という選択肢がもう少し一般的で尊ばれる文化ができるといいですね。

「副業 ばれる」なんて予測検索ワードとか悲しいじゃないですか。節約ばっかり考えるよりも、たくさんの場でがっぽりお金稼いでいきましょう。

 最後に

ちなみにチャフフレアは社員でも副業でもフリーランスでも大歓迎です。気になる方はご連絡ください。お互いがいい感じで仕事できればと思っています。

chaffflare.com