猫の手も借りたいブログ

チャフフレアというウェブ制作会社やってます。

迷惑DM対策には受取拒否を!逆転の発送で迷惑DMが届くのが楽しみに

家探しをしてたのが原因なのですが、すごくたくさんのDMが届きます。家や不動産、それから家具などの迷惑DMが複数社から。とても迷惑でうんざりしていたのですが、たまたま気づいた点がありました。

「全部、自分の名前の一部を間違えてる」

つまり、どこかの業者から個人情報を買ってるんでしょうね。業者が名前登録の際に打ち間違えたんでしょう。迷惑だなと思ったDM全部同じなんですね。

クソうざいなと思ってたのですが、ただ捨てるだけだと解決にならないので対策を考えるためにDMを捨てずに集めることにしました。

 

郵便やDMは受取拒否ができる

郵便局から配達されるDMは、開封前であれば受取拒否ができるそうです。

www.post.japanpost.jp

以下のような内容です

迷惑な郵便物等が届けられた場合、受け取りを拒絶することができます

郵便物等に下記事項を記載したメモ、付せんを貼り付け、配達担当者にお渡しいただくか、郵便窓口にお持ちいただくか、郵便ポストに投函していただければ差出人さまへ返還します。

「受取拒絶」の文字
受け取りを拒絶した方の印を押印又は署名を記載
郵便物等の開封後は、受け取りを拒絶することはできませんので、ご注意ください。
当社が配達した郵便物等でないものは、上記の方法により受け取りを拒絶していただくことはできません。
当社が配達した郵便物等でないものの主な例は、その表面に「これは郵便物ではありません」、「○○メール便」といった表示がされているものです。
これらの配送物については、その配送物の運送サービスを行った事業者さまにご連絡ください(配送物の表面に連絡先が記載されているものもあります。)。

つまり、未開封のDMは「受取拒絶」 の文字を記入して、ポストに投函すれば配送元に返すことができる。というわけです。

そして、その際の返送料は当然かからないし、かかっても発送元に請求されると思います。こんなまとめもありました(古いですが)

togetter.com

手軽に迷惑DMの受取拒否をするために

受取拒否作業をなるべく簡単にする方法として、下記の方法が良いみたいです。

slimqu.jp

用意するものは、以下の2つのグッズですね。

まずは「受取拒否」のスタンプ「拒否ポン」

ポンっと押すと以下のような「受取拒否 送付不要」のスタンプが押せます。

f:id:fugufugufugu:20180510215946j:plain

f:id:fugufugufugu:20180510222308j:plain

さらにシャチハタの印鑑を用意

こちらは普段使いしている印鑑ですが、蓋を明けずにそのまま押せる便利な印鑑です。超便利なので家には2個置いてますし、仕事場にも置いてる便利アイテムです。


 

受取拒否のDMにシャチハタは押さなくてもいいかもですが、日本郵政のサイトを見ると以下のように書いてあるので、念のため条件は満たして送ろうと思います。

「受取拒絶」の文字
受け取りを拒絶した方の印を押印又は署名を記載

後はポストに投函

スタンプを押した郵便は、まとめてポストに投函です。これで多分クソDMを送ってくる会社に届くと思います。注意としては「開封しないで送り返す」ことですね。開封してたら逆に戻ってくるかもと考えたほうがいいですね。

大変なのは郵便局員さんですね、申し訳ない。迷惑DMの多い会社は郵政から何かしらのお金を請求したり、郵便取引登録していただきたい。

受け取り拒絶されるような迷惑DMはやめよう

というわけで今後は迷惑DMはこの形で対策をとろうと思います。

個人情報を買って迷惑DMを送るだけでなく、さらに受取拒否されて返ってきて処分しなきゃいけないなんて。ああなんて悲しい仕事なんでしょう。そんな仕事は辞めましょう。資源の無駄だしね。

対策案が明確になったら、逆に迷惑DMが届くのが楽しみになりました。

ただ捨てるよりも有益ですね。同じ間違い名前で送ってきているDMは全部写真を控えているので、何かしら迷惑行為がエスカレートしたら次の対策を考えようと思います。