猫の手も借りたいブログ

チャフフレアというウェブ制作会社やってます。

LINEスマート投資をマネーフォワードに連携させるためには、folioでアカウト情報を設定してから連携

LINEスマート投資というのが始まったみたいですね。
ウォレット画面を見てたら、アイコンがあったのを見つけのですが、最近始まった金融サービスのようですね。

invest.line.me

ウォレット画面のこれです。

f:id:fugufugufugu:20181212220107p:plain

まったく新しい投資ではなくて、folio(フォリオ)のサービスと連携

この投資サービスはLINEが完全に新しいサービスとして立ち上げたものではなくて、folioというテーマ投資を扱うサービスと連携した投資サービスのようです。

prtimes.jp

フォリオへの登録をLINE上から簡単に行て、LINEの画面で見ることができる、という感じですね。

登録はLINEから簡単に。マイナンバーはあったほうがいいです

登録自体はLINEの画面上から簡単に進めることができます。手元にマイナンバーのカードかハガキがあるとスムーズですね。

LINEで登録後、自宅にハガキが届きます。folioからのハガキです。その中に番号が記載されているので、その番号を登録すると本人確認が完了して、投資が開始できます。

f:id:fugufugufugu:20181212220556j:plain

情報登録後、銀行口座を登録して入金する形です。LINE上で手続きを進めて、金融機関のインターネットバンキングで入金するとスムーズですね。

LINEスマート投資をマネーフォワードに連携させたい!

そして肝心のマネーフォワードへの連携ですが、マネーフォワードヘビーユーザーであれば投資系は当然連携させたいところですね。

大丈夫、マネーフォワード連携できました。

連携サービス一覧で「LINEスマート投資」を探してもないのですが「folio」は登録されています。

f:id:fugufugufugu:20181212220930p:plain

ただ、ここまでの流れでLINEのみで完結していたのが、ここで一度folio側のサイトで調整が必要です。

folio-sec.com

上記のフォリオサイトにアクセスします。ログイン画面に進めると「LINEアカウントでログイン」と緑のボタンがあるので、ここから一度ログインをします。

f:id:fugufugufugu:20181212221155p:plain

そしてログイン後の画面の「設定」で「パスワード設定」をすると、メールアドレスとPWでログインが可能になります。この設定したメールアドレスとパスワードで、マネーフォワード側からログインができるようになります。

LINEスマート投資は、投資自体はとても簡単!

フォリオは「テーマ投資」を掲げていて、興味のある分野を選定して投資をするだけで素人でも簡単にできる初心者向けの投資です。

「ヘルステック」「サイバーセキュリティ」「寿司」「VR(仮想現実)」「カジノ解禁」など、時事的なテーマが多い印象ですね。

投資信託(特にロボット投資)と同じような形で、入金だけしてあとはほっとくだけのような気もしますので、一喜一憂せずに金額の変動を楽しむ気持ちでスタートしてはいかがでしょうか。

ただスタートとしては推奨は最低12万円のようですね。というのも各テーマの「現在の価格に対して、いくつ買うか」という形で、それが6~12万円くらいのようです。12万円で1~2テーマがやっと買える感じですね。

というわけでサクッと始めてみたLINEスマート投資の紹介でした。