猫の手も借りたいブログ

チャフフレアというウェブ制作会社やってます。

MOROHAの単独ZEPP東京ライブ!MOROHAヤバイ

ずっとずっと体感したかったMOROHAの単独ライブ@ZEPP TOKYO行ってきました。結論から言ってマジで最高で感動した。MOROHAヤバイ。

MOROHA OFFICIAL WEB SITE

f:id:fugufugufugu:20181216224552j:plain

f:id:fugufugufugu:20181216224604j:plain

今年MOROHAも出演している「アイスと雨音」は映画館で見て震えるほど感動したので、年内になんとかMOROHAの生ライブも見たいとワンマンに滑り込みました。

www.chaffflare.jp

MOROHAの音楽はヤバイ!ライブはさらにヤバイ

会場は超満員で男率高め。ステージはMOROHA横断幕。あとはAFROのマイクとUKのギターのみ。派手な演出はなし、照明と音楽のみの単独ライブ。

f:id:fugufugufugu:20181216224538j:plain

MOROHAのライブを見るのは今日が初めてなのですが、MCのAFROのリリックに対して語彙力のある感想を述べられず申し訳ない!

熱い、刺さった、良かった、チープな言葉で感想を出すことが憚れるほど、鈍器でなぐって来て「おい殴り返してこいよ!」と感じる本気のライブは、リズムに乗ることも許されず、ただただ立ち尽くすしかできませんでした。

「MOROHAは本気で生きているのに、俺はなんなんだ」

マジでこんな気分で情けなくて、でも目の前の彼らは自分たちのことを見ていてくれている、そんな感情。声帯が切れそうなほど叫び声で2時間歌いきった彼らは「全てやりきったのでアンコールはありません、ありがとう」と締めくくった。

俺も自分の人生、しっかり生きよう。帰り道「四文銭」を聞きながら思った。

www.youtube.com

一回きりの人生に 心に咲いた花の名は火花
生きてる限り叫ぶ花言葉
命を懸けて 命を描け

選曲は単独ライブでZEPPという大きめのライブハウスなので、メジャーな曲を中心に物語のように紡いでくれました。 セットリストメモってくれてた人いました。

5月29日にはフルアルバム、7月13日には日比谷野外音楽堂で単独ライブ。来年のMOROHAもヤバイ

新曲の「五文銭」がこの日ラストの曲だったのですが、三途の川を渡るのに必要な「六文銭」に達した時、一体MOROHAと僕らはどうなるのでしょうか。
兎にも角にも俺も本気で生きて、幸せになりたい。