猫の手も借りたいブログ

チャフフレアというウェブ制作会社やってます。

一人が叱っているとき、もう一人は叱らない

今朝から長男のギャンギャンが爆発の火曜日。パンツを履かない服を着ないご飯を食べないと、涙が涙を呼び手がつけられない状態。3歳なので精神が未成熟で自分でも何を言っているかわからないけど、とにかく自分の意見が通らないと怒ってしまう。こっちも辛抱しきれずに怒ってしまう。怒っても意味はないなとわかっているのに。

朝も夜も長男のギャン泣き

そして仕事終わりの晩御飯でも今度はこれは食べたくないあれを食べたいと。「好物が残り少ないけど冷蔵庫にあったから食べさせよう」←逆効果。そして今度は奥さん側が激高して叱りつける。ご飯準備あたりからいろいろあったからなんだけどね。

一人が叱っているとき、もう一人は叱らない

我が家は子供ができたときに「一人が叱っているとき、もう一人は叱らない」というルールを作って子供に必ず逃げ場を用意するようにしてる。結構できないときもあるんだけど。今日は特にどうにもこうにもな日なので、クールダウンの意味も込めて長男を連れて夜の街に自転車の散歩に。外に出ると結構ケロッとしちゃうんだけど、

「帰ったらお母ちゃんに謝るね」「みんなのパン買って帰ろうね」

だって。泣かせるじゃんいい子ね。パンとお団子買って帰りました。帰ったらお母ちゃんにちゃんと謝ってぎゅーした後「メロンパンは自分が食べる」と姉と喧嘩をはじめました。やれやれ。

f:id:fugufugufugu:20190611215036j:plain

今日はあんまり出番のなかった次男くんにダンボーかぶせてみた。